お知らせ

ホーム > お知らせ

4月1日に医局歓迎会を行いました

桜の開花便りも伝わる今日このごろ、医局歓迎会をイタリアンレストランVivoで行いました。本年は新入レジデント6名(高井、伊藤、澄川、前田、雑賀、杉島先生ら)と昨年入局され洛西シミズ病院で1年研鑽された清水先生が大学生活をスタートすることになりました。今年のレジデントは全て本学以外の出身者です。平均身長が高く、途中から身長対決なども飛び出し、昨年までとはまた違った雰囲気でした。さらに、大学院生として帰学した4名(守倉、宮本、水谷、中村先生ら)も加わりました。これで大学院生は1学年4名ずつ16名の大所帯となり、それぞれの研究発展がますます楽しみです。会では、大学院の先輩から研究のアドバイスと称してコメントしていただきましたが、学年を増すごとに研究話に自信がみなぎり成長を感じさせてくれました。新1年生も今しかできない新しい研究を見つけて没頭してもらえたらと思います。その後は、各班を代表した先生方の心温まるアドバイスを聞きながら、かまどで焼いた美味しいピザやパスタ、お酒と共に楽しい夜が更けていきました。 

1次会:高槻vivoにて

有志達の2次会

11名の新戦力となった仲間とともに、皆で団結する意識を高めることのできた有意義な歓迎会になりました。

                                    大槻周平

平成31年大阪医科大学整形外科医局送別会を開催しました

平成31年3月8日にURGE高槻店にて平成31年大阪医科大学整形外科医局送別会を行いました。今年は大学院生の木澤桃子先生(平成22年入局)と村上友彦先生(平成23年入局)のお二人が3月で卒業し、4月からそれぞれ大阪医科大学三島南病院と春秋会城山病院に出向することになりました。またレジデントの木本智子先生(平成30年入局、以下同じ)、久野直人先生、高島雅俊先生、田中 憲先生、山本祐樹先生、吉村柚木子先生の6名が1年間の大学での研修を無事?修了し、関連病院に出向することになりました。

大槻周平先生の司会で、最初に根尾昌志教授からご挨拶をいただきました。乾杯の挨拶は藤原憲太先生に音頭をとっていただき、送別会が始まりました。まずはレジデントの先生から1年間の感想をお話ししてもらい、それぞれお世話になった先生を指名してもらいました。木本先生は中野敦之先生を、久野先生は岡本純典先生を、高島先生は中野先生を、レジデントリーダーの田中先生は私を、山本先生には馬場一郎先生から、吉村先生は横田淳司先生を指名され、それぞれの先生から思い入れのあるお話をしていただきました。昨年は前医局長の中野先生から東大生・京大生必読の「思考の生理学」という本を各レジデントの先生にプレゼントされましたので、今年医局長を努めさせていただいています私から、「心が「ほっ」とするほとけさまの50の話」という本をプレゼントしました。この本はお釈迦さまのありがたいお言葉が収載されており、今後レジデントの先生が難局に直面した時に一読いただき、心を落ち着けてもらえればと思います。今年のレジデントの先生も公私ともによく頑張っており、スタッフの先生、コメディカルの皆さんから称賛されていました。


その後、大学院生の木澤先生と村上先生が大学院生活と今後の抱負について挨拶しました。木澤先生は足の外科班で特にバレエの外科について研究・発表をしており、安田稔人先生からバレエの外科を先頭に立って引っ張って行くように激励がありました。村上先生は関節班で、大学院在学中に英語論文を2本発表され、大変頑張っておられました。その指導をしていた大槻先生から、村上先生の人となりとその頑張りぶりについてお話しがありました。最後に木澤先生には足の外科班を代表して大学院生の辻中聖也先生から、村上先生には関節班を代表して大学院生の若間仁司先生からそれぞれ花束を贈呈してもらいました。また外来・病棟・手術室のスタッフからもそれぞれプレゼントの贈呈がありました。木澤先生、村上先生お疲れ様でした。出向先でも持ち味を思う存分発揮して頑張ってください。


今年の送別会も、看護師さんやコメディカルの皆さん合わせて60名以上の方にご参加いただき、会は大盛況のうちに終了しました。二次会は店内が熱帯化するほどの参加があり、高槻の熱い夜は過ぎていきました。参加いただきました皆さま、ありがとうございました。木澤先生、村上先生、レジデントの6名の先生にはこれからも大変なことがあると思いますが、一生懸命頑張って戻ってきてください。皆さんのご活躍を心からお祈りいたします。

                                                                                                文責:嶋 洋明

 

第39回北摂手外科談話会演題募集のご案内

2019年度 北摂手外科談話会ご案内

 

 

 

〇2019年度北摂手外科談話会の詳細は下記からもご覧いただけます
     
      ↓↓↓  
2019年度北摂手外科談話会のご案内(PDFデータ)

第3回新リバーサイドカンファレンスが開催されました

 3月9日(土)に第3回新リバーサイドカンファレンスが大阪医科大学にて開催されました。カンファレンスでは関西医科大学から4題、大阪医科大学から5題の演題が発表され、それぞれについて活発な討論が行われました。その後、関西医科大学の徳永裕彦先生に「股関節外科と自己血について」という内容でご講演いただきました。股関節における骨切り術や人工関節の歴史などについてお話しいただき、大変勉強になりました。ありがとうございました。
 カンファレンス終了後は第1回と同じく鉄板焼きの「godai」に移動し、情報交換会が行われました。関西医科大学の先生から美味しいと評価をいただいたお肉を堪能しながら、両大学の先生が歓談し非常に楽しいひと時を過ごしました。

次回は平成31年10月19日(土)に関西医科大学で開催予定です。どうぞよろしくお願い致します。
                                                                                                     文責:嶋 洋明

 

大槻周平講師の研究が読売新聞に掲載されました

3月18日の読売新聞夕刊に、当科の大槻周平講師の半月板再生の研究が取り上げられ掲載されました。

 開発チームでは、今後製品化に向けてスピードを加速して開発を進めていきます。
 治験の詳細は決定しだい当HPで発表する予定です。

 

読売新聞オンライン↓↓↓
https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20190318-OYO1T50005/

PDFデータにて記事をご覧いただけます。↓↓↓
20190318_読売新聞_メディカル 半月板

 

第77回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム【最終版】


●第77回大阪医科大学整形外科関連病院談話会の詳細は下記からもご覧いただけます。
         ↓↓↓
第77回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム【最終版】(PDFデータ)

頚椎人工椎間板置換術について

 これまで本邦では、頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアなどの頚椎変性疾患に伴う神経障害に対して、前方除圧固定術や後方からの除圧術が行われてきました。前方除圧固定術は椎間板ヘルニアや骨棘(骨のとげ)等、神経を圧迫する病変が主に前方部分に存在する場合に良い適応となります。椎間板および神経の圧迫を取り除き、障害部位の動きを止めることで神経症状の改善が見込まれます。一方で、前方固定術は椎間本来の可動性を犠牲にするという欠点に加え、固定部の隣の椎間での障害が新たに発生しやすくなるという問題があります。それに対し、人工椎間板置換術は、椎間板を摘出した後に可動性を有するインプラントを設置する手術手技です。神経組織への圧迫を取り除いた後に、固定はせずに本来の椎間の可動性を保ちます。罹患椎間の可動性を温存することにより隣接する椎間への負担を減らし、新たな障害発生を防ぐ目的で開発されました。
頚椎人工椎間板は既に欧米、アジア諸国で広く承認されており、患者さんの治療に使われてきております。

 平成29年に本邦で頚椎人工椎間板置換術が承認され、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、頚椎症性脊髄症に対して実施することが可能となりました。
承認に際し、日本脊椎脊髄病学会、日本脊髄外科学会合同で適正使用基準を作成し、市販後調査期間中(使用開始から約1年間)はプロクター施設のみで施行可能となっております。
当院は、認可された2種類の頚椎人工椎間板のうち、ジンマーバイオメット社製のMobi-C®のプロクター施設(全国で9施設)に指定されており、頚椎の人工椎間板手術をおこなう事ができます。
プロクター施設は日本脊椎脊髄病学会のホームページ( http://www.jssr.gr.jp/ )でも確認ができます。

第2回創外固定セミナー&整形外科医局説明会を開催しました

 2月16日(土)に本学第5会議室に於いて、第2回創外固定セミナーを開催しました。日本メディカルネクスト社さんのご協力で、バータイプの創外固定器であるGALAXY®とリング型創外固定器のTrue-Lok®の2種類を準備していただきました。参加者は第一東和会病院の後藤先生、レジデントで北摂総合病院の内田先生、洛西シミズ病院の清水先生、大学の高島先生、田中先生、山本先生、吉村先生、研修医2年目で医誠会病院の新保先生、今年当科に入局する伊藤先生、研修医1年目で町田市民病院の田中先生、北摂総合病院の西川先生、大学で研修中の武田先生、中嶋先生、廣田先生の14名で、助っ人として大学院生の東迎先生にもお手伝いいただきました。模擬骨を使用して実際に2種類の創外固定器の設置手技を各先生に体験していただきました。また模擬骨を骨切りして、創外固定器を用いた骨折の整復も体験してもらい、有意義な時間が過ごせたと思います。ご参加いただいた先生、ありがとうございました。


 セミナー終了後、整形外科医局説明会を高槻の焼き肉「がんてつ」で開催しました。ここからは研修医1年目で関西電力病院の斎藤先生、研修医勧誘委員長の中矢先生、集談会で発表を終えた岡本先生、久野先生にも参加していただき、研修医の先生とともに楽しいひと時を過ごしました。皆さんお疲れ様でした。


文責:嶋 洋明

第77回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム


●第77回大阪医科大学整形外科関連病院談話会の詳細は下記からもご覧いただけます。
         ↓↓↓
第77回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム(PDFデータ)